生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

寝たきり(ねたきり)

 寝たきりとは、常にベッドや布団で寝ている状態をさす俗語です。
 どのような状態を指すかという明確な定義はないようですが、寝ている状態が6ヶ月以上経過した状態を指す場合もあるようです。
 厚生労働省では、寝たきりの程度を表す「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」というものを出しています(下記)。
 それによると、寝たきり者とは「1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替において介助を要する」人だけではなく、屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保つことができる人も含むという解釈をしているようです。
 高齢者が寝たきりになる原因として挙げられることが多いのは、以下のようなことです。
  • 脳梗塞や脳出血などの脳卒中による脳神経の障害や脳腫瘍
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)や筋ジストロフィーなどの進行性の筋肉マヒ
  • パーキンソン病やハンチントン病などの進行性の神経難病
  • アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症・脳血管性認知症などの認知症
  • 外傷による脳・脳神経・中枢神経・頸椎・脊椎の障害
  • 老衰など
 このように書くと、上記のような病気になったり、年を重ねたり(加齢)すると、寝たきりになるのは避けられないことのように考えてしまうかもしれません。
 確かに、進行性の筋肉マヒや神経難病などの場合、末期になると日常生活の全てに介護が必要になり、寝たきりに近い生活を送らざるを得ない状態になることはあるかもしれませんが、実際には寝たきりの生活を送っている高齢者の多くは、上記のような原因疾患が直接的な原因ではなく、寝たきりの生活を続けることによって起こる「廃用症候群」が原因であると考えられるようになってきました。
 例えば、脳卒中でマヒが残ったとしても、寝たきりになるとは限りません。本人の意思と適切な介護さえおこなわれれば、例えば車いすで外出する、デイサービスに通うといったことは可能です。そうするだけで寝たきりにならずに生活することが可能になります。
 さらに廃用症候群を克服することができれば、車いすに頼るとか、ヘルパーに全面的な介助をしてもらうというような生活ではなく、より自立的な生活ができる可能性もあると考えられています。

50音から探す

1位 アイリスオーヤマ 手すり トイレ用 介護 サポート ホワイト TRT-64A
アイリスオーヤマ
新品/Used価格:¥6,722より
2位 ビーワーススタイル トイレ用アーム SY-21(トイレ用手すり)
ビーワーススタイル
定価:¥ 7,076(税込)
新品/Used価格:¥8,100より
3位 豊通オールライフ トイレ用品 ポータブルトイレ 排せつ物処理袋 Pee Pack2 ピーパック2 20枚入
豊通オールライフ
定価:¥ 2,160(税込)
新品/Used価格:¥1,678より