生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

移動介助

ベッドから車椅子への移乗介助

 少しでも歩くことができるのであれば、できるだけ車椅子を使わず、歩く機会を増やした方が良いです。
しかし、歩くことが危険な場合等は、車椅子を使って移動します。

ベッドから車椅子に移る時には、ベッドの端に腰をかけ、横に足を下ろした状態(端座位)から始めます。
そてボディメカニクスを活用して車椅子へ移乗します。

車椅子の設置

 車椅子は、臀部の移動距離を短くするために、ベッドの側面に対して『20度~30度』に設置しましょう。
適度な角度をつけることによって、ベッドと車椅子との隙間が少なくなります。
さらに、本人が奥のアームレストにつかまりやすくなります。

また、片麻痺等がある人の場合、車椅子は本人の『健側(麻痺のない側)』に設置しましょう。
健側に設置することで、移動の際、本人が健側の手でアームレストにつかまることができ、現有能力を活用しながらより安全に移動することが可能になります。

介助の手順

 ベッドに端座位になっている要介護者の臀部をずらしながら前に移動し床に両足がつくよう浅く腰かけてもらいます。
そして、車椅子を本人の方に引き寄せます。この時、車椅子のブレーキがかかっているか、フットレストを上げているか必ず確認しましょう。
② 介護者の肩につかまってもらい、充分に前屈みになりながら立ち上がってもらいます。
介護者は大きく足を開き、本人の前屈みに合わせて、腰を低くしながら介助します。
両腕は本人の背中に回します。本人が自分で立ち上がれる場合は、アームレストをつかんで立ち上がってもらいましょう。
③ 本人がバランスを崩さないよう支えながら、ゆっくり方向転換します。
④ 本人に足を少しずつ動かしてもらい、無理のない姿勢で方向転換しましょう。
※本人の移動の姿勢は、立位でも中腰姿勢でも構いません。
⑤ 本人と車椅子の間に隙間がないよう、安全に座ってもらう体制を整えます
 本人に車椅子のアームレストをつかんでもらい、立つ時と同じく、充分に前屈みになりながら車椅子に座ります。
介護者は大きく足を開き、膝を曲げて介助します。
⑦ 足をフットレストに置き、お尻を後ろにずらして深く座ってもらいます。
本人が自分で深く腰かけられない場合は、本人に少し前屈みになってもらうと、お尻が軽く浮きます。
介護者は浮いたお尻を両手で後ろに引くように介助しましょう。
【危険予測】
  • 立ち上がる際に、前後に転倒する危険性があります。
  • 車椅子の方向に重心が横移動することから、左右に転倒する危険性があります。
※この介助が全ての方に最適な方法とは限りません。
※介護技術には様々な方法がありますので、今後、より合理的な方法に
差し替えていく予定です。