生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

移動介助

移動介助(介護)の基本

移動は生活の基本

 移動するという行為は、人が生活する上での基本的な動作です。
食事・排泄・衣類の着脱など、あらゆる日常行為には移動が伴います。
この生活の基本である移動動作を介助することを『移動介助』といいます。
 移動が人の生活の基本であるということは、移動介助は身体介護の基本であるといえます。
 本人が主体的、自立的に生活するための移動介助を実践するためには、本人の自然な動きを知り、
その動きに合わせた介助をおこなう必要があります。

移動動作は全部で5種類

 生活の基本である移動動作は、全部で5種類です。
「寝返る」・「起き上がる」・「立ちあがる」・「座る」・「歩く」の5種類です。
複雑な移動動作も、この5種類の組み合わせで構成されています。

介護者は、移動動作ごとの自然な動きを理解し、それに合わせた介助を行う必要があります。

移動介助の流れ

 それぞれの状態に合わせた移動介助をおこなう際、次のようなプロセスで介護手順を考えましょう。
(1)自然な動きと重心の動きを理解する
『自然な動き』とは、人が成長する過程で培った合理的な動きであり、苦痛の少ない動きのことです。
また、拘縮や麻痺などがある場合は、それを考慮した動きが『自然な動き』になります。

自然な動きを理解すると、重心の動きが分かります。
立っている状態の時、重心はヘソの下にあり、重心を支えている面を『支持基底面』と言います。
『支持基底面』から重心が外れると転倒し、非常に危険です。
(2)介助の手順を理解する
『自然な動きと重心の動き』を理解することで、介助の手順が理解できます。
(3)介助の際の危険を予測する
重心の動きを理解すると、どこに転倒の危険性があるかが予測できます。どのような介助をおこなう際にも危険を予測し、事故が起こらないように介助することが重要です。