生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

移動介助

ボディメカニクス

ボディメカニクスとは

 人間の正常な運動機能は、神経系・骨格系・関節系・筋系が互いに影響し合っています。
このような諸系の相互関係を総称して『ボディメカニクス』といいます。

ボディメカニクスを理解することは、最小の労力で疲労の少ない介助へとつながります。

介護者のボディメカニクスを活用した介護の方法

 介護者のボディメカニクスとは、力学的原理を活用した介護技術のことです。
介護する側にとっての、無理のない自然な姿勢で介護することをいいます。
介護者自身のボディメカニクスを活用した介護は、最小の労力で疲労が少なく、腰痛防止にも繋つながります。
では、介護者にとってのボディメカニクスの原則をみていきましょう
① 支持基底面を広くし、重心を低くする
身体を支えるために、床と接している部分を結んだ範囲のことを、『支持基底面』といいます。
この支持基底面は広いほど安定します。
また、重心が基底面の中にあることで、転ばずに立位を保つことができ、重心が低いほど安定します。
足を開き、膝を曲げ、腰を落とす姿勢が、安全で安定した介助の姿勢です。
② 本人にできる限り接近する
本人にできる限り接近することで、より容易に介助ができるようになります。
③ 身体をねじらない
不自然に身体を曲げると不安定になり、腰痛の原因ともなります。
介助者の身体で本人の移動する方向を妨げないように、足の位置を考えて介助しましょう。
④ てこの原理を応用
持ち上げるのではなく、シーソーのように支点を作り自分の体重をかけることで、軽い負担で介助できます。
全介助の人を起こす場合、臀部を支点にすると、
少ない力で介助することができます。

⑤ 膝の屈伸を利用し水平移動
上下に持ち上げるより、横に移動(水平移動)させる方が介護者の負担は少なくなります。
上下に動かさざるをえない時は、前傾姿勢では腰に負担が集中し腰痛の原因になります。
そのため、上体(腰)だけではなく膝の屈伸を利用して動かします。
⑥ 本人の身体を小さくまとめる
力が分散すると重くなります。本人の手足など、身体をできる限り小さくまとめると介助しやすくなります。