生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

慢性疾患と介護

糖尿病

  • 受診、服薬、インスリン注射等医師の指示を守り、合併症予防に努める
  • 食事療法や運動療法等の指示を守る
  • 低血糖症状に注意し、症状が現れた場合の対応を知り、適切に対応する
  • 感染症の予防に努める

糖尿病とは

 糖尿病は、糖代謝(エネルギー源であるブドウ糖を利用すること)の異常によって、血糖値が異常に高まって、さまざまな臓器に障害がおこる危険性のある病気です。
英語名は、Diabetes Mellitus(甘い尿)のため、医療の専門職の間では、アルファベットの2文字をとって、DMと呼ぶことがあります。
 血糖値が高い状態が続くと、血管を傷つけてしまうことがわかっています。
特に毛細血管等細い血管ほど傷つきやすいため、さまざまな病気や障害がおこりやすくなります。
糖尿病は、インスリン依存型の1型とインスリン非依存型の2型に分けられ、日本人の約95%は、非インスリン依存型である2型だといわれています。

2型糖尿病は、膵臓から放出され、血糖値を下げる作用があるインスリンというホルモンを分泌する能力が低下します。
あるいはインスリンの血糖値を下げる機能が弱くなるインスリン抵抗性がおこることで発症します。
 発症の原因は、遺伝的な要因もあると考えられていますが、主なものは食生活や生活習慣(食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、ストレス等)だといわれています。
糖尿病は、初期の頃はほとんど自覚症状がないといわれています。
進行すると喉が渇きやすくなって水分摂取量が増えるため、尿量が増えることがあります(多飲多尿)。
 糖尿病で最も重要なことは、血糖値を適切にコントロールすることによって、糖尿病慢性期合併症を予防することです。
合併症にはさまざまなものがあります。
主要なものは、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の3つです。
これを糖尿病の三大合併症といいます。
合併症は治療が困難なものが多いため、可能な限り予防に努める必要があります。
 糖尿病の治療は、インスリン注射や内服薬などの薬物療法と、食事療法、運動療法などがあります。
これらをきちんと守って生活することが極めて重要です。
 糖尿病の症状で注意しなければならないものに『低血糖症状』があります。
服薬や注射等でインスリンが過剰になったり、食事を抜いて血糖値が下がり過ぎたりすることが原因で起こります。

自覚症状は、空腹感や倦怠感に始まり、冷や汗や動悸、震え等が起こります。
そのままにしておくと、意識がなくなったり、異常な行動をとったりすることがあります。
場合によっては、そのまま昏睡状態に陥り、死にいたることもあります。