生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

高齢者介護の基本

ドライマウス(口腔乾燥症)

  • 唾液は抗菌作用や粘膜保護作用があり、口腔衛生に重要な役割を果たしている
  • 唾液量を減らさないために、義歯の不具合をなくし、精神的ストレスを減らすことが大切

ドライマウス(口腔乾燥症)とは

 目が乾燥する「ドライアイ」と同様に、主に口や喉の渇きを訴える「ドライマウス」は最近注目されるようになりました。
よく口が渇く、毎日歯磨きをしても口腔内の衛生状態が改善されないというような場合は、「ドライマウス」の可能性があります。
 ドライマウスとは、唾液の分泌量が減少して口腔内が乾燥することです。
原因は自己免疫疾患(シェーグレン症候群等)や糖尿病、腎臓病などの病気が原因になることもあります。
そして、病気以外にも、食生活や精神的ストレス、加齢(年をとること)、薬の副作用なども原因になると考えられています。
また、水分摂取量が少なく、脱水傾向にある場合も唾液の分泌量は減少します。
 人は健康な状態だと1日1.5~2リットルの唾液を分泌します。
ドライマウスの症状が進むと、この唾液量が、約10分の1にまで減少するといわれています。
唾液には、抗菌作用・粘膜保護作用・粘膜修復作用等、口腔内の衛生状態を清潔に保つための大変重要な役割があります。
そのため、唾液が減少すると、様々な病気が発症する原因になることが解っています。
【ドライマウスによって発症する危険性がある病気】
  • 虫歯、歯周病
  • 味覚障害、摂食・嚥下障害
  • 誤嚥
  • 感染症等