生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

介護保険で利用できるサービス

介護保険で利用できるサービス

在宅介護と施設介護

 介護保険で利用できるサービスは在宅介護(居宅介護)と施設介護に大きく分けられます。
それぞれにさらに細分化されたサービスが用意されています。

要支援・要介護の方の身体状態や介護する家族の状況を勘案し、介護支援専門員(ケアマネジャー)が一人ひとりに『居宅介護計画書』(ケアプラン)を作成します。
(※)このケアプランを作成するサービスを居宅介護支援サービスといいます。
その計画書に基づいて、各介護保険サービスがそれぞれの指定事業所により提供されます。
注) 介護保険法上は、介護付有料老人ホームに適用される介護サービス(特定施設入居者生活介護)は居宅介護に分類されますが、ここでは施設介護に分類しています。
※ ケアプランは、自己作成することもできます。