生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」

 障害高齢者の日常生活自立度(「寝たきり度」とも)とは、高齢者の日常生活自立度の程度を表すもので、介護保険制度の要介護認定では認定調査や主治医意見書でもこの指標が用いられています。
⑴ ランクJ
 何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する
 ⒈ 交通機関等を利用して外出する
 ⒉ 隣近所へなら外出する
⑵ ランクA
 屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出しない
 ⒈ 介助により外出し、日中はほとんどベッドから離れて生活する
 ⒉ 外出の頻度が少なく、日中も寝たり起きたりの生活をしている
⑶ ランクB
 屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保つ
 ⒈ 車椅子に移乗し、食事、排泄はベッドから離れて行う
 ⒉ 介助により車椅子に移乗する
⑷ ランクC
 1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替において介助を要する
 ⒈ 自力で寝返りをうつ
 ⒉ 自力では寝返りもうたない
※ 寝たきり者とは、ランクBとランクCをあわせた者をいう。

50音から探す