生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

物盗られ妄想・被害妄想

 物盗られ妄想や被害妄想は、ふつう認知症のBPSDの一症状と考えられていますが、必ずしも認知症ではない高齢者にも表れることがあります。
 また、認知症高齢者には比較的多い症状の一つであるともいわれています。
 原因ははっきりわかりませんが、可能性としては、記憶障がい(物忘れ)があってもそのことを自覚していないことや、視覚や聴覚が衰えて外部からの情報が少ない、あるいは間違って入ってしまうこと等からくる誤解や、能力の低下からくる自信喪失と周囲への警戒感や不満感等の複雑な感情、これら複数の要因が絡み合って原因となるのではないかと考えられます。
 盗られたと訴えるのは財布や預金通帳、貴金属等、ふつうに考えて大切だと思われるものであることが多いようです。
 これらを「大切だから」とタンスの奥にしまい込んでおいたのに、そのことを忘れてしまうといった状況で物盗られ妄想が起きる場合があります。
 また、普段介護をしている主介護者が犯人とされることも多く、一生懸命お世話をしている介護者を失望させたり悲しませたりすることがあります。
 想が現れるといったこともあるようです。
 いずれにしても、本人の誤解や情報不足、周囲への過剰な警戒感等が原因と考えられるので、体調を整え落ち着いた状態で生活できるよう支援することや、周囲が適切な対応をおこなうことで予防するとは可能です。
 もし、これらが現れた場合には、事実を言い聞かせて説得しようとしても徒労に終わることが多いので、きちんと話を受け止めて一緒に探す等の対応が必要です。

50音から探す