生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

異食(いしょく)

 食物ではないものを、口に入れたり食べてしまったりすることを異食といいます。
 なぜこのような症状が現れるのかは、はっきりわかっていませんが、空腹だからというよりもストレスや欲求不満等が原因であると考えられます。また、根本的には孤独感が原因であるとも考えられます。
 異物を口にしても、味覚障害があるとか、食欲を司る脳機能が低下していると、さほど抵抗なく飲み込んでしまう危険性があります。
 異食してしまう物にはさまざまな物があって、予測することは困難です。
 タバコや電池、洗剤等を食べてしまうと非常に危険なので、これらの物は手が届かない場所に置くようにした方が良いでしょう。万一これらを食べてしまった場合には、すぐに受診する必要があります。
 ティッシュや新聞、ハンカチ等も窒息する危険性があるので要注意です。
 もし異食の現場を発見した時は、いきなり大声で注意すると驚いて飲み込んでしまう危険性があるので、優しく話しかけて物を口から出すよう促しましょう。
 異食は孤独感やストレスが関係している可能性があるので、異食傾向がある場合は、介護職員等はできるだけ一緒に過ごす時間を増やす、頻繁に声をかける等の工夫をしながら、異食が起こらないよう観察することも必要です。

50音から探す