生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

移動介助

ベッドから車椅子への移乗介助(スライディングボード)

 全く立てない方などの場合は、スライディングボードの導入を検討してみましょう。
スライディングボード導入の条件
・ベッドの高さが調節可能なこと
・車椅子のアームレストが外れること
・車椅子のフットレストが外れること(可能な場合)
スライディングボードの設置位置
・片方のお尻が乗る程度
・反対側は車椅子の対角線に合わせる
車椅子の設置位置
車椅子は、ベッドの真横に置きましょう。
また、麻痺等がある人の場合、車椅子は本人の『健側(麻痺のない側)』に設置しましょう。 健側に設置することで、本人が車椅子のアームレストを掴むことができ、現有能力を活用しながら移動することが可能になります。

介助の手順

① ベッドで端座位になっている要介護者のお尻を前にずらし、浅く腰かけてもらいます。
そして、ベッドの真横に車椅子を設置します。この時、ベッドより少し低い位置に車椅子がくるよう、ベッドの高さを調節します。
また、ベッド側のアームレストは外しておきます。(可能な場合はフットレストも外します。)
② 身体を横に傾け、お尻の下にスライディングボードを差し込みます。
③ 本人の楽な姿勢で移動方向にお尻を滑らし、車椅子へ移動します。この時、後ろに反り返るような姿勢は動きを悪くしますので、上半身を少し前屈みに傾けます。
移動できない時は、介護者は骨盤を軽く押します。この時、本人が滑って前方へ倒れる危険性があるので、介護者は移動方向側の体や膝を支えます。
④ 車椅子への移動が終わったら、身体をまっすぐに戻します。
⑤ スライディングボードを立てるようにすると、自然に引き抜くことができます。
【危険予測】
  • ベッドに浅く腰かけてもらう際、そのまま滑って前方へ転倒する危険性があります。
  • スライディングボードで移動している時、滑って前方へ倒れる危険性があります。
※この介助が全ての方に最適な方法とは限りません。
※介護技術には様々な方法がありますので、今後、より合理的な方法に
差し替えていく予定です。