生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

介護予防の運動

健歩体操 ホップ(1ヶ月目〜2ヶ月目)

健歩体操・・・

いつまでも健康に歩けることを目的としたからだの運動です。

歩行トレーニング

深呼吸

【立って深呼吸】をしましょう。
両手を広げながら、ゆっくり息を吸って、
両手を元に戻しながら、ゆっくり吐いて。
3回繰り返しましょう。

姿勢を正して立つ練習

【姿勢を正して立つ練習】をしましょう。
このように、前かがみの姿勢ではなく、
頭が上に引っ張られるように、伸び上がったあと、軽く力を抜きます。
その姿勢のまま、10秒くらい保ちましょう。

立って足踏み

【立って足踏み】をしましょう。
姿勢を正して立ちましょう。
手を前後に軽く振りながら、足踏みをしましょう。
回数を「イチ」、「ニ」と声を出しながら行います。
右、左で1回、右、左で2回と、20回繰り返しましょう。

片足立ち

【片足立ち】をしましょう。
安全のため、いすや壁につかまって、行います。
片足を上げ、その姿勢を保ちます。
そのままの姿勢を、5秒間保つことを目標にしましょう。
次は、反対の足です。
同じように、片足を上げ、その姿勢を保ちます。
そのままの姿勢を、5秒間保つことを目標にしましょう。

通常歩行

【通常歩行の練習】をしましょう。
視線を上げ、手を振って歩きます。
かかとからついて、
つま先でけり出します。
手を振って、
かかとからついて・・・つま先でけり出す、を繰り返しながら、歩きましょう。

健歩体操(ホップ)はいかがでしたか?
体調に変化はありませんか?
お疲れさまでした。

【ちょっとポイント】

身体に負担をかけすぎないで長く運動を続けていくために、リラクゼーションで筋肉や神経の緊張を緩和し、時には筋肉等を完全に休ませることも必要です。
運動は、週2〜3回程度が効果的です。