生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

介護予防の運動

健歩体操 ホップ(1ヶ月目〜2ヶ月目)

健歩体操・・・

いつまでも健康に歩けることを目的としたからだの運動です。

上肢の体操

足首・足指の体操

【足首・足指の体操】をしましょう。
足を組んで、つま先を持ち、
足首を回します。
10回繰り返しましょう。
反対の足も同じように、10回行います。
次に、両足の指を曲げ、
伸ばします。
同じように、10回繰り返しましょう。

足首パタパタ体操

【足首パタパタ体操】をしましょう。
「イチ、ニ、サン、ヨン」と、声を出しながら行います。
「イチ、ニ、サン、ヨン」と声を出しながら、ゆっくりつま先を上げて、戻します。
「ゴ、ロク、ナナ、ハチ」と声を出しながら、ゆっくりかかとを上げて、戻します。
同じ動きを5回繰り返しましょう。

握って開いて体操

【握って開いて体操】をしましょう。
「イチ、ニ、サン、ヨン」と声を出しながら行います。
足を開いて、腕を前に出します。
足を伸ばした方が、楽に行うことができます。
「イチ、ニ、サン、ヨン」と声を出しながら、ゆっくり手と足の指を握り、
「ゴ、ロク、ナナ、ハチ」と声を出しながら、ゆっくり開きます。
同じ動きを、10回繰り返しましょう。

足ひねり体操

【足ひねり体操】をしましょう。
安全のため、いすをしっかり持って、行いましょう。
足を伸ばして、肩幅くらいに開きます。
かかとを支点にして、つま先を外側に開き、
内側に曲げ、
戻します。
同じ動きを、10回繰り返しましょう。

足開き体操

【足開き体操】をしましょう。
安全のため、いすをしっかり持って、行いましょう。
かかとをつけ、膝を閉じた状態から、
かかとをつけたまま、膝を外側に開き、
戻します。
同じ動きを、10回繰り返しましょう。

膝裏伸ばし体操

【膝裏伸ばし体操】をしましょう。
片膝を伸ばし、両手を足のつけ根に置き、つま先を上に向けます。
ゆっくり上半身を前に倒しましょう。
息を止めずに、15秒間そのままにして、
戻します。
次は反対の足です。
同じように、片膝を伸ばし、両手を足のつけ根に置き、つま先を上に向けます。
ゆっくり上半身を前に倒しましょう。
息を止めずに、15秒間そのままにした後、戻します。

足上げ体操

【足上げ体操】をしましょう。
安全のため、いすをしっかり持って、行いましょう。
回数を声に出して、数えながらおこないます。
片膝を伸ばし、
「イチ」と声を出しながら、足を上げ、
戻します。
「ニ」、「サン」と、回数を声に出して、数えながら10回繰り返しましょう。
次は、反対の足です。
同じように、「イチ」と声を出しながら、足を上げ、
戻します。
「ニ」、「サン」と、回数を声に出して、数えながら10回繰り返しましょう。

膝伸ばし体操

【膝伸ばし体操】をしましょう。
いすに座り、回数を声に出して、数えながら行います。
「イチ、ニ、サン、ヨン」と、声を出しながら、ゆっくり、足を上げ、
「ゴ、ロク、ナナ、ハチ」と声を出しながら、戻します。
同じ動作を、10回繰り返しましょう。
次は反対の足です。
同じように、「イチ、ニ、サン、ヨン」と声を出しながら、ゆっくり、足を上げ、
「ゴ、ロク、ナナ、ハチ」と声を出しながら、戻します。
同じ動作を、10回繰り返しましょう。

座って太ももの前伸ばし体操

【座って太ももの前伸ばし体操】をしましょう。
いすに、浅く腰かけます。
片手でいすをしっかりつかみ、片足を下ろし、足を前後に開きます。
下ろした足のももから、足のつけ根を、さらに伸ばしましょう。
伸ばした状態で、15秒数えます。
次は、反対の足です。
同じように、片手でいすをしっかりつかみ、片足を下ろし、足を前後に開きます。
下ろした足のももから、足のつけ根を、さらに伸ばしましょう。
伸ばした状態で、15秒数えます。

疲れの程度はいかがですか?
次は歩行トレーニングに入ります。
ご自身の体調に合わせて、無理ない程度に行いましょう。
疲れたら、休みましょう。
転倒しないように十分気をつけましょう。