生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

【介護応援ネット開設の趣旨】

 日本の高齢化率は、2009年には22.8%に達し、要介護高齢者(介護が必要な高齢者)の数はさらに増え続けています。

2000年に介護保険制度が施行されてから10年が経過し、介護に対する関心はさらに高まっています。

 私達、株式会社Roseau Pensantは、介護の目的は『要介護高齢者の自立を支援する』ことだと考えています。

この目的が達成されるためには、要介護高齢者のADL(日常生活動作)と、QOL(生活の質)の維持・改善に不可欠な知識と技術の普及が重要であり、これらの情報を発信するためのサイトとして、【介護応援ネット】を運営しています。

 近年、高齢者介護に関する、様々な新しい研究成果や技術が、発信されるようになってきました。

『寝たきり』や『認知症』は、10年前の認識とは大きく異なった理解がされています。

しかしながら、これらの新しい知識や技術が介護分野に普及しているかといえば、必ずしもそうではなく、多くの介護現場では、未だに昔ながらの介護がおこなわれています。

 ご家族の介護をされている皆さん、介護による『介護負担』は極めて大きいものと推察します。

当サイトの情報を参考にしていただき、高齢者の自立を支援する介護をおこなうことで、皆さんの介護負担が、少しでも軽減されることを願って止みません。

 現在、高齢者介護は、ご家族だけが担うという時代ではなく、社会全体で支えるという考え方が一般的です。お一人で、あるいはご家族だけで抱え込むのではなく、早め早めに介護保険制度を含めた社会的なサービスを活用しましょう。

 介護を仕事としている専門職の皆さん、介護の専門性を高めることによって、『介護専門職の社会的な地位を向上する』ことは、これからの超高齢者社会における、極めて重要な課題の一つです。

当サイトの情報が、少しでも、介護の専門性を向上することに寄与できることを願って止みません。

 当サイトの情報は、保健師や看護師、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、管理栄養士、理学療法士等の資格を持ち、医療や介護の現場で働いた経験があるメンバーで構成されたチームが作成し、管理しています。

チームメンバーは、自らの経験だけに頼るのではなく、さまざまな書籍や研究報告、研修会等で得た知識についても、理念に合致するものについては、できるだけ取り上げています。

 高齢者介護は、ご家族の介護であれ、仕事としての介護であれ、大変なものです。

私達は、介護を必要としている高齢者と、介護に携わる人全てに、役立つ情報発信をしていくことをめざしています。

 サイト内の情報は、今後も追加していく予定です。

ぜひ皆さんからのご意見、ご要望をお待ちしております。