被害妄想と物盗られ妄想

Point

被害妄想や物盗られ妄想が見えたら

現金や財布、預金通帳など、本人が大切な物をどこかにしまい込んだにもかかわらず、しまったこと自体を忘れてしまうことがあります。
そのような時、いくら探しても見つからなければ、自分がどこにしまい忘れたと考えるのではなく、誰かが盗んだのではないかと考えることで、物盗られ妄想につながる場合があります。認知症の人の心理のひとつである「被害感」と物忘れが重複することから、このような物盗られ妄想等の被害妄想が起きやすくなると考えられます。

介護者は身に覚えのない疑いをかけられるために、暴言や暴力と同じく、混乱してパニックになり、必死で疑いを晴らそうと否定したり、言い返したりすることがありますが、これも逆効果に終わることが多いようです。

環境や関係の変化には辛抱強く対応を

認知症状の要因を探る】にある、基本的な要因である、身体不調の可能性と、環境や関係の変化がなかったかをチェックしてください。
特に、環境が変わったり、介護者が変わったりして、本人がその変化に適用できていない期間は、周囲の人に対する信頼感が少なく、不安定な心理状態にあることから、周囲に疑いの目を向けやすくなっている時期だと考えられます。
担当するヘルパーが変わった直後に、物盗られ妄想が現れるというようなケースでは、このような環境不適応が原因であることがよくあります。
環境不適応が原因の場合は、一定期間、本人にとって不快ではない状況が続くと、自然に症状が改善する場合が多いので、辛抱強く適切な対応をとるようにしましょう。

■関連ページ
認知症について
前のページへ
健歩体操【DVD】好評販売中!
今後も介護に役立つ情報を発信していくことをめざしています
皆様のご意見お待ちしております。※返信をご希望される方は、返信先メールアドレスをご入力ください。