寝たきりになるのは仕方がない?

加齢による衰弱で寝たきりになる?

加齢による衰弱によって寝たきりの状態になる、というのは本当に正しいのでしょうか。

例えば、高齢者に多いといわれる、転倒骨折や肺炎等で、一時的に入院し、骨折や肺炎は治ったものの、入院前に比べるとADLが低下して、寝たきりになってしまったというようなケースを含めて考えてみましょう。

実は、加齢による衰弱で寝たきりになるという認識は、たった一つの事実によって否定することができます。

それは、世の中には60~70歳代くらいの前期高齢者といわれる早い時期に寝たきりになってしまう人もいますが、90歳を過ぎても自立して生活している高齢者もたくさんいるという事実です。

テレビ等で90歳代の高齢者が、元気に農作業をしているというような光景が放映されることは決して珍しいことではありません

さらに、何らかの理由で一時的にADLが低下した高齢者の全てが寝たきりの生活を送っているという訳でもありません。

つまり、加齢による衰弱は寝たきりの直接的な原因ではないということになります。

年齢だけでなく、衰弱度が違うと考える人がいるかもしれません。そうだとすると、加齢以外に衰弱度が異なる原因があることになり、やはり、加齢による衰弱だけが寝たきりの原因ではないということになります。

介護の世界では、「この年になったら(例えば90歳を過ぎている等)、寝たきりの状態で生活するのはやむを得ないですね」というような会話が交わされることがありますが、これは明らかに事実とは異なります。

健歩体操【DVD】好評販売中!
今後も介護に役立つ情報を発信していくことをめざしています
皆様のご意見お待ちしております。※返信をご希望される方は、返信先メールアドレスをご入力ください。