加齢に伴う疾患や、慢性疾患を持っていることが多い

Point

高齢者は、関節リウマチや骨粗鬆症、脳血管疾患やパーキンソン病などのうち、いくつかの疾患を持っている場合が多いものです。

これらの疾患の中には、介護保険の第2号被保険者(40~65歳未満の被保険者)でも、要介護状態になれば 介護保険のサービスを利用できる「特定疾病」に規定されています。

介護保険制度における特定疾病

  • ① 筋萎縮性側索硬化症
  • ② 後縦靱帯骨化症
  • ③ 骨折を伴う骨粗鬆症
  • ④ 多系統萎縮症
  • ⑤ 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
  • ⑥ 脊髄小脳変性症
  • ⑦ 脊柱管狭窄症
  • ⑧ 早老症(ウエルナー症候群)
  • ⑨ 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • ⑩ 脳血管疾患
  • ⑪ パーキンソン病関連疾患
  • ⑫ 閉塞性動脈硬化症
  • ⑬ 関節リウマチ
  • ⑭ 慢性閉塞性肺疾患
  • ⑮ 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • ⑯ 末期がん
■関連ページ
認知機能が低下しやすい
慢性疾患と介護
健歩体操【DVD】好評販売中!
今後も介護に役立つ情報を発信していくことをめざしています
皆様のご意見お待ちしております。※返信をご希望される方は、返信先メールアドレスをご入力ください。