糖尿病の合併症

Point

糖尿病 三大合併症

糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。
糖尿病の3大合併症といわれているのは、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症の3種類で、これらは介護保険の特定疾病でもあります。
また、これら以外にも、感染症にかかりやすくなったり、全身の血管が障がいを受けることから、さまざまな病気にかかりやすくなったりします。

糖尿病性神経障害
糖尿病になると、血管に障がいを受けやすくなります。中でも毛細血管等細い血管ほどその傾向は強く、それが抹消神経の障がいにつながります。
手や足、特につま先等の感覚が鈍くなることで、ケガをしても気がつかずに放置して細菌感染を起こしてしまう危険があります。
また、血液が充分に送られないことから、壊疽を起こしてしまう危険性もあります。壊疽を起こしてしまうと、その部分を切断しなければならない事態になることもあります。
長年糖尿病を患っている人の中には、下肢を切断している人がいますが、それは神経障害による壊疽が原因だと考えられます。
糖尿病性腎症
腎臓の血管が障がいを受けることで、糖尿病性腎症が発症します。初めのうちは自覚症状がないといわれています。進行すると貧血や高血圧、足の浮腫等が見られることがあります。
腎不全が進行すると、人工透析が必要になることがあります。
糖尿病性網膜症
目の網膜の血管に障がいがあると、糖尿病性網膜症を発症することがあります。主な症状は視力の低下ですが、場合によっては失明する危険性もあります。

糖尿病合併症における介護のポイント

糖尿病における介護のポイントと同じです。
医師による服薬・注射、食事療法等の指示を守ることが第一です。
また、糖尿病性腎症の場合は、慢性腎不全における介護のポイントと同様です。
神経障害による四肢の障がいや、網膜症による視力低下については、それぞれの機能低下に合わせた介護が必要になります。

■関連ページ
糖尿病
健歩体操【DVD】好評販売中!
今後も介護に役立つ情報を発信していくことをめざしています
皆様のご意見お待ちしております。※返信をご希望される方は、返信先メールアドレスをご入力ください。