生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

認知症の症状別介護

失禁

  • 寝たきりの場合と、見当識の障害の場合で分けて考える
  • わかりやすい環境整備と、タイミングよくトイレに誘導を

寝たきりの場合の失禁(おもらし)

 認知症ではなくても、寝たきりの生活で排尿も排便もオムツにするという生活を続けると、尿意や便意がなくなって、常に失禁するような状態になることがあります。あるいは、膀胱炎や前立腺等泌尿器の病気が原因で失禁しているという場合もあります。
寝たきりの場合は、寝たきりを脱し、できるだけトイレやポータブルトイレで排泄すること、泌尿器の病気の場合は、治療することで失禁は改善します。

見当識の障害による場合の失禁(おもらし)

 認知症による見当識の障害で失禁してしまっていることが考えられます。
夜中に、トイレに行こうとして場所がわからなくなって、間に合わずに失禁してしまったり、別の場所をトイレと間違って排泄してしまったりするというケースです。
た、寝たきりではないのに認知症が原因で、尿意や便意がなくなってしまって失禁する場合、又は排泄するという行為自体が困難になってしまった場合等が考えられます。
失禁が続くと、後始末が大変で、介護者はとても苦労します。そのため、本人を非難しがちですが、認知症の人にとっては故意に失禁しているわけではないため、非難されると怒りや悲しみ、恥ずかしさ等を感じることになります。非難されるのが嫌で、失禁したことを隠そうと、汚れた下着をタンスの奥にしまい込むというような行為が現れる場合もあります。