生活の質を向上する介護。認知症の症状を改善する介護。

介護保険で利用できるサービス

在宅介護サービスの種類

在宅介護サービスの種類

 在宅介護は、文字通り介護を受ける方が家にいながら受けられる介護サービスです。
介護保険法上は、居宅介護サービスと呼ばれます。在宅介護は、主に次のように分類されます。

訪問で受けるサービス

予防給付 介護給付 内 容
介護予防
訪問介護
訪問介護 ホームヘルパーがお宅を訪問し、介護や日常生活の援助をします。
介護予防
訪問入浴介護
訪問入浴介護 特殊な入浴設備をお宅に持ち込んで、寝たきりの方などの入浴を介助します。
介護予防
訪問看護
訪問看護 看護師等がお宅を訪問して病状の確認などを行います。
介護予防訪問
リハビリ
テーション
訪問
リハビリ
テーション
理学療法士などが家庭を訪問してリハビリテーションを行います。
夜間対応型
訪問介護
巡回や通報システムを使用した夜間専用の訪問介護サービスが受けられます。
通院等乗降介助
(介護タクシー)
ヘルパー2級以上の資格を持った運転手付きで車椅子のまま乗れるタクシーを利用して通院などを行います。
介護予防居宅
療養管理指導
居宅療養
管理指導
医師、歯科医師、薬剤師等が療養上の管理や指導を行います。

通いで受けるサービス

予防給付 介護給付 内 容
介護予防
訪問介護(デイサービス)
訪問介護
(デイサービス)
日帰りで通い、食事・入浴やレクリエーションなどが受けられます。
介護予防
通所リハビリテーション
(デイケア)
通所
リハビリ
テーション
(デイケア)
医療施設などに通い、リハビリテーションなどが受けられます。
介護予防
認知症対応型
通所介護
認知症対応型
通所介護
認知症の高齢者が日帰りで通いながら、日常生活の介助や機能訓練が受けられます。
介護予防
小規模多機能型
居宅介護
小規模多機能型
居宅介護
通所サービスを中心に、訪問・宿泊などを組み合わせて、必要に応じたサービスが受けられます。

貸与や購入の補助

予防給付 介護給付 内 容
介護予防
福祉用具貸与
福祉用具貸与 車椅子やベッドなどの福祉用具を貸し出します。
特定介護予防
福祉用具
購入費支給
特定福祉用具
購入費支給
排泄や入浴に使われる用具の購入費を支給します。
介護予防住宅
改修費の支給
住宅改修費
の支給
家庭での小規模な改修の費用を支給します。

予防給付と介護供与

 要介護認定の結果が、要支援1あるいは要支援2と判定された場合は、『予防給付』による介護保険サービスを受けることになり、要介護1以上の場合は、『介護給付』による介護保険サービスを受けることになります。
 予防給付のサービスは、介護給付のサービスに比べて、より自立支援を促すサービスになります(例えば、介護給付によるサービスでは食事の支度をヘルパーが行うのに対して、予防給付ではヘルパーは食事を作るのを支援するのみで、あくまでもサービスを受ける人自身が食事を作ることになる等)。